JAOSのリアラダーにサイクルキャリアを装着

理想と現実というものは、とかく一致しないもの(笑)「折り畳み自転車ならば車内に積んで行って、現地で乗り回せる」案外こういう風に考える人は多いみたい。しかし、現実はなかなかそうはいかないもの・・・。
例外なく私もそんな一人だった。しかし、案外かさばり車内の置き場所に困る。人も乗れなくなるし、荷物も載せられなくなる。
そこで思いついたのがこの方式。既成のJAOSのリアラダーに正立式のサイクルキャリアをくっ付けてしまえ!という企画。
構想2年!!(と言ってもただサボっていただけだけれども(爆))
同じような趣味を持つ者は同じようなことを考えているものですね。DIYの師匠であらせられるJJさんのHPを覗いたら、全く同じことを既に実行されていた。
しかし、既に車を乗り換えていて今は使っていないとのこと。。ならばと、お知恵と一緒に、ブツまで戴いて早速装着してみました
 
積載していないときはこのような状態。ナンバーを隠さず、テールランプ類も隠さない位置で、できるだけ低い位置に決定。
 
DIYはこの部分が肝!私的にもいろいろ考えていたが、戴いたものをそのまま使わせていただきました(^^ゞ。パイプアングルとT型アングル。「錆びているから変えた方がいいよ」と言われていたので、近隣で探してみたが結局見つからず・・・。
 
前後タイヤを汎用ベルクロでキャリアと固定。ボディーをラッシングベルトで固定。落下防止を兼ねて、ワイヤーロックで固定。これでガチガチに固定されているので、ゆるむことや落下することは無いでしょう。落ちるならハッチ諸共でしょう!?(笑)三菱社ですから!(爆)
 
小さい方のチャリだとこんなカンジに。
 
通常は前輪を左側にして積載するのだけれども、チェーン部分がラダーに当たってしまい、うまくいきません。なので、この方法がベスト。ちょっと載せずらいけど、仕方ありません。
 
ブレーキランプやウインカーの視認性が悪いので、今後の課題となるが、取り敢えずは完成!JJ師匠に感謝です m(__)m

2008/06

作業メニューに戻る