ONEOFF & ORIGINAL

Powered by CHAR

(自己満足(^^ゞ)

アイバワークス・ルーフライトバー専用 ブロックキット
天板とフットの間に四角いブロックを挟む事により、10cmクリアランスをあけることができる。これにより、通常の取り付け位置より若干前方に取り付けるだけで、サンルーフの全開閉が支障なく行える。定価\17,000 需要が増えてロッド生産になればもう少し安くなるのではないかと思う

JAOSスキッドプレートType2/隙間埋め加工
リフトアップ・ブロックキットによりボディーのみが10cmあがった為、大きな隙間が出来てしまった。その為にエンジン内が丸見えとなり、オルタネーターも覗けばすぐ見える状態なので、異物や泥、石などが入り込む可能性が大きい。そこで隙間を塞ぐ加工をした。ついでにJAOSロゴの切り抜きも埋めた。完全にふさがっているのでオフでも安心

ブウーファーの天井吊り下げ
足元に置いても邪魔、ラゲッジスペースはキャンパーキットがあるので、その上に置くと3rdシートがフルフラットにならなくなってしまう。結果的に天井しか空いていなかった。身長165cm以下であれば邪魔にならない。取り付けは3rdシートの天井サイドに付いているアシストグリップと、もう片方は内装を突き破りボディーに直接ネジで取り付けてある。音質的にも悪くない。足元に置くとどうしても両端にあるバスレフを塞いでしまう。そのバスレフを塞いだり、障害物があると音が割れてしまうので周りに何も置けなくなってしまう

リアフォグ&バックフォグの埋め込み
輸出仕様ではこの位置にリアフォグがついているとの事。では簡単に付くかなと思っていてのだが、そうはいかなかった。確かにバンパーの裏側には点線でマークがついていたのでそこを切り取れは良いのだが、その大きさはリアフォグの大きさで、IPFのバックフォグには小さかった。リアバンパーの中には鉄板があり、そこは切り抜かれていたがその穴も小さかった。そこで、現物合わせで穴を広げ取り付けた。リアフォグもデパーチャアングル確保の為、軽い気持ちの乗りでやってしまったのだがちょっと失敗したかな?

なんちゃってプロジェクターランプ
以前は使い物にならない純正のフォグランプが付いていた。邪魔なので取り外してしまったのだが、配線やスイッチはそのまま生きている。そこでそれを利用し、安物のプロジェクターランプを買ってきて、フロントバンパーの窪みの所に装着してみた。純正オプションにもあるが、それに比べるとなんちゃってだが、本人は大変気に入っている

破損のため撤去済み

リアラダーにスコップを取り付け
ステンレス・ライトステーと背面タイヤ用スコップホルダーを加工して取り付けた。ステンレスの為、錆びる事もなく、見た目もGOOD


ハッチ側のストップ&ポジションランプの点灯化
純正と物と違い、ハッチ側のテールランプにはバルブやソケットは全く付いていない。そこで、純正のバルブを切り取り、移植した。このクリアテールレンズの中は、反射板は無く灰色で塗られているだけ。したがってほんの少しだが暗く、光にムラがある。穴を埋める前にアルミホイルを貼り付けると良いらしい。私は完全に接着してしまったので、もうそれはできない

MC後のセンターコンソールボックスに交換
たかだか小さなボックスだが、もともと収納スペースが極端に少ない為、十分役に立っている。ちなみに私は、タバコのストックをここに入れている
フロントドア・コーテシランプにスイッチを取り付け
ここだけはスイッチがついていないので、洗車時やアウトドア、キャンプの時などしばらく開放しておきたい時にバッテリーの消耗が心配。そこでスイッチを取り付けてみた。これで、安心して何時間でも開放しておける。お勧めです
ロール式サンシェードの常設
天井に付いているアシストグリップのねじ穴を利用して取り付けてみた。通常の場合これはウィンドウに引っ掛けて使用するものだが、開閉したり、取り外したときにとても邪魔になり、非常に不便だった。グリップは取り外してしまったので使えなくなるが、常設してしまえば邪魔にならずとても便利。
灰皿の取り付け
三菱の七不思議!?ドリンクホルダーを使うと、灰皿が使えなくなってしまう。なんという不便な構造なのか。それとも三菱の、我々の健康に対する無言の配慮なのか?真実は分からないが、余っている灰皿があったのでここに取り付けてみた。シートから背中を外さずに使用できるので使い勝手も悪くない。但し10本も入れると一杯になってしまうので、あくまで緊急用である
エンブレムの移植
後付けのリアガーニッシュにMC後のエンブレムが付いているので、今までダブっていた。そこで、もともと付いていたこのエンブレムをはがし、ここに移植してみた。あんがい悪くないでしょ?

物足りないフロントにポジションランプ装着
こんなに大きな図体してるのに、昼行燈(ひるあんどん)のようなポジションランプなので、ポジションランプを増設してみました。ヘッドライトのH4バルブに小さなソケットを装着するタイプで、配線は車幅灯から分岐して配線する。色は、バルブに被せるキャップで変更可能。現在はブルー
フロントグリル
ドアエッジのモールが余ったので、フロントグリルに装着してみた。ちょっとだけだけど、引き立った?
パテーションカーテン
はじめはオー○バッ○スにて購入したパテーション・カーテンセットをそのまま使用していたが、レールの素材がゴムのようなもので出来ていた為、滑らずすぐに引っかかってしまって全く使い物にならなかった。そこでキャンピングカーのパーツ屋さんから通販でアルミで出来ているものを購入して取り付け、カーテンを引っ掛ける金具(名前が?)も市販の家庭用の大きなものに変更してみた。とてもすべりが良くなり片手で開閉できて、自分の部屋にあるカーテンよりも動きがいいかも?
純正キーレスエントリーのまま
ハザードを点滅させるキット

ロック時1回、アンロック時2回ハザードを点滅させ、「ピー」という確認音もする。音に関しては配線しなければ鳴らさないようにできる。取り付け自体は簡単だが、取り付けマニュアルがちょっとおかしいので注意が必要。不満は、ドアロックモーターの信号を検出して利用しているので、キーを抜いた状態で車内からドアにある一斉ロック、アンロックをすると、機器が反応してしまう。エンジンスターターなどを利用し、エンジンがかかっている状態だと、機器は反応しない。ただしロック自体は反応する。(H6年式V6以外は未確認)
詳しくは作業報告を参照
アーシング
純正の頼りないアースケーブルを、ロスの少ない物と交換し、一部増設しました。
詳しくは作業報告を参照
リア・コンデンサーファン用マッドフラップ
とても危険な場所にあるリア・コンデンサーファンをガードする為、余ったJAOSのマッドフラップを加工して専用のマッドフラップを製作してみました。効果絶大!
詳しくは作業報告を参照
エンジンルームの水対策
構造変更されたSGは深い溝の雨どいになっているのですが、私のような旧車はただ単にゴムパッキンがあるだけ。しかもそれがあまり役に立たず、しかも経年変化でへたってきている。そのゴムパッキンを新品に交換したので、今までのが余ったので、それを再利用してもう一段上の部分に取り付けてみました。この画像ではちょっと見えにくいかと思いますが、ぴったりと塞いでいます。でも効果は・・・いまいちでした。でも無いよりまし
マグライトホルダー
マグライトのオプションパーツのホルダーを固定してみました。これで転がったり、マグがどこかに埋もれちゃうことが無くなる。
リアルームランプのスイッチをフロントにも
JJさんからパクリました(^^ゞ作業はいたって簡単、数十分でできちゃいます。
3連メーターの改良
まったく当てにならない純正電圧計を取っ払い、LAMCO製の三菱エンブレム入りの電圧計(オプションパーツ)に交換してみました。オークションで買ったんだけど、よく見ずに買ったら一回り小さかった・・・(^^ゞなので、塩ビシートで枠を作って装着してみました。あと、別体で装着していた同じくLAMCO製の電流計が邪魔で仕方なかったので、これも埋め込んでみました。傾斜計がなくなってしまったのはちょっと惜しいけどね・・・。
埋め込みに関してはうさぎさんのHPを参考にさせていただきました
2004/06/18
電圧計を他メーカーのものに交換しました 2008/10/15
またまた3連メーターを改良
お歳召してきたご老体車。漏電なのか?放電なのか?電源が不安定なため電流計を取り外しました。ついでに小さくて見にくかった電圧計も交換。今度のはAuto Gauge製のもの。電源投入で、ワーニングランプと共に一旦フルスケールまで回ります。難点はちょっとモーター音が煩いのと、バックライトが明るすぎるかな?
2008/10/15

←マウスポイントで画像が変わります
ペットボトル用ドリンクホルダーを装着
センターコンソールのドリンクホルダーを使われちゃうと、灰皿が使えなくなってしまって不便極まりない!!しかし、ペットボトルも不可欠なようなので、専用の置き場所を作りました。本来は窓に引っ掛けるものものだけど、SGには適切な場所が無かった。じゃあ、ということで直付してしまいました。
2008/10/15

←マウスポイントで画像が切り替わります

F=フリーマーケット、個人売買 A=オークション